FC2ブログ

幸せな時間

小さな幸せミツケタ

小さな悩み!

Posted by かのんノン on   0  0

今、とっても悩んでいます。
小さな悩みなのですが・・・三味線の上達が遅すぎる!
音楽は好きなのですがどうしても長唄(三味線)は音感が
入ってこないのです。
学生の頃はボーカルをしていたのでちょっとは歌は評判も
良く、今習っているフラダンスもすぐに覚えて踊れるのですが
どうしても三味線だけは普通の音楽と違っていて音痴みたいに
なり、独特の間と音の取り方がいまいちつかめないのです。
だけどどんどん新しい曲になりそして難しくなって進んでしまい、
それに速弾きのところは弾けずに戸惑ってしまう。
家で練習しているとゆっくり弾くので何とか弾けているのかも
しれませんが、どうしても先生を前にするとプレッシャーに弱く
打たれ弱い私には自分自身にプレッシャーを与えてしまい
さらに弾けなくなると言う悪循環を招いてしまっています。
お稽古
それに新しく入った方で私の後でレッスンなのですが
どんどん弾けており、上達も早いので何だかとても
悔しい思いもあります。
もっと練習すればと思いながらも三味線を手にする事も
嫌になってしまいました。
同じお教室に方に相談すると先生にもっと簡単な曲に
してもらおうよと言ってくれますが・・・
何となく辞めてしまいたいと言う気持ちが強くなり
主人に去年も相談しましたが辞めないで頑張ったら
と言うことでした。
そして、辞めようと思い今日お稽古をずる休みして
いると!?(いい大人が・・・ 笑)
三味線は?と主人に・・・それで話すと・・・
辞めないで頑張って欲しいようなのです。
人それぞれ上達するペースは違い、辞めるにも
一時的な感情で辞めて後悔するのでは?
辞める理由がそういうのは良くないと言うのです。
確かにそうだけど・・・
それに超えなければならない壁なのかもよ?
まだ3年でしょう?と言うのですが私自身3年も習い
まだこれなのかな?と言う思いもありました。

それに良い先生に巡り会えているので辞めるのは
もったいないと!
良い先生にめぐり会うのはなかなか無いよ!と

確かにそうです。

2月で辞める事を伝えようと思っていましたが
先生に相談してみようかな?と主人の一言で
考えるようになりました。

確かに好きな事で上達すればなお楽しい
だけど、人には向いている事と不向きな事があると
思うのです。
不向き(苦手)な事をしている時は本当に苦痛で
やる気のスイッチが入らず、何かに託つけてやらない
理由を探し行動にうつさない(練習しない)、私は
そういう所が多々有るのです。しかしプライドだけは
あり、悔しいと思うのです。そんな自分を大人になって
から再認識し(気付かされ)ました。
私は学生時代 ギターなどの楽器は苦手で今までも継続
してきた事はなく途中で辞めてしまう、だけど三味線は
ある人の思いもあり、何度もくじけながらも頑張っていました。
駄目ながらも継続は力なりと大人になってから知ることが出来た
お稽古だったかもしれません。

もうちょっと頑張ってみようかな?

悩みの時間

かのんノン


スポンサーサイト

フラダンス

Posted by かのんノン on   0  0

去年からきちんとフラダンス教室で習い始めて
1年弱ですがイベントで踊らせて頂きました。
フラダンス
私のクラスは3人なのですが私よりお若い方々と
一緒なので私も若返る様な気持ちで仲良く
レッスンをしています。
2人は1年前に習い始めたばかりですがとても
覚えも早く、凄いスピードで上手になっています。
やはり若いって凄いな〜と主人が撮ってもらった
ビデオ見ながら思いました。

初めてイベントで踊りましたがお客さんも多さに
驚き、そして以前、区で習っていた時のお友達も
見に来て頂いたので、緊張しましたがほのぼのと
した雰囲気もあり踊り始めると緊張感が和らぎました。
踊り終えると・・・一緒にならっている3人で
「楽しかったね」と言い、とても良い笑顔でした。
フラダンス

フラダンスは踊ればみんな笑顔になり仲良くなれるので
やはり楽しい

幸せな時間

かのんノン

三味線の発表会

Posted by かのんノン on   0  0

先週、三味線の発表会はありました。
普段からなかなか着物を着て出かけると言う
ことは無かったので、今回着物を着て三味線を
弾くという貴重な経験をさせて頂きました。
三味線発表会
初めての三味線発表会でもあり、上手に弾けないと
いうプレッシャーと着物の基本もわからないので
着物と帯の組み合わせなどでかなり悩みました。
食欲は落ちませんでしたが 
胃の調子が悪くなってしまいました。
三味線発表会
発表会も無事に終わり、ひと安心しました。
下ざらい(リハーサル)の時は思っていた以上に
緊張もしないでなかなか上手く弾けたと安心して
おりましたが、本番では緊張してしまい手が震え
何回か間違ってしまい、頭が真っ白になって
しまいました。 何とか立て直し
三味線を弾き続け終えましたが、気持ちが
落ち込んでいたところ・・・
主人は「間違ったなんてわからなかったよ」と
言ってくれて、泣けました 
大人になってからこの様な経験をすることは
あまり無かったので、何かに挑戦することで
悔しい思いもしましたが、諦めずに頑張ることと
継続は力なりと言う、貴重な経験をすることが
出来ました。そして今回の経験で学んだことを
含めてまた頑張ろうと言う気持ちが強くなりました。

三味線の先生、演奏会での演奏に関わって下さった
プロの皆様、一緒に演奏をしたお仲間の皆さんが
とても優しく、楽しい練習と演奏会となりました。

本当にありがとうございました。 

これを機会に着物を普段でも着てお出かけをして
みようと思います。

幸せな時間

かのんノン

このカテゴリーに該当する記事はありません。