FC2ブログ

幸せな時間

小さな幸せミツケタ

三峯神社へ

Posted by かのんノン on   0  0

主人が埼玉の苺狩りのチラシを持って帰って来て
姪っ子が来た時にでもどうかな?と話して色々と
調べていたののが切っ掛けで、三峯神社にたどり
つきました。それで1日のみ限定で配布される
白い氣守の事を思い出し行ってみたいと思いました。
三峰神社
そして、4月1日に主人と2人で行ってみました。
三峰神社
はじめは私1人電車で行く予定でしたが、主人が丁度
お休みだったの車で連れて行ってくれると言うので
一緒に10時過ぎから出かけました。
三峰神社
平日でもあった為か都内も関越も空いていて、スームズ
に秩父まで行く事が出来ました。
三峰神社
朔日限定『白』い『氣守』の日はネットで調べると
とても混むと記載されていたので、相当混むだろうと
思っていましたが、三峯神社の駐車場に入る500メートル
位前に13時30分くらいに着くと混み合っていて駐車場
に入るのに30分くらいかかりました。
なのでそんな事もあるかと思いお弁当を作って行ったので
その待つ間に車の中でランチにしました。
三峰神社
そして三峯神社のお参りも列が出来ていてこれが多分
1時間弱くらい並んでいたと思います。
三峰神社
せっかく来たのだからお参りをしてと思い並びながら
三峯神社をじっくりと澄んだ空気を感じながら、狼を
守護神としていて、狛犬の代わりに神社の各所に狼の
像を見るとそれぞれ表情が違い、とても凛々しい表情
をしていましたが、とても勇敢な力強さを感じられました。
そしてお参りする拝殿前の階段にいるお使い神のお犬さまを
よく見ると右が雄で左が雌でした。
ご夫婦なのでしょうか?
今にも動き出しそうなリアルなお犬さまでした。
三峰神社
お参りをしてから拝殿の脇には2012年の辰年に突如
出現したという「龍神様」
三峰神社
これは!凄い!見事に龍神様が浮かび上がり
こんな事があるのだと驚きました。
三峰神社
そして記念写真を撮り、おみくじをひいて
から白いお守りを頂く為に向い
三峰神社
白いお守りを頂くのにこの引換券が神社参道入口の
三ツ鳥居周辺で頂かないと購入出来ないようです。
1人1枚頂けて白いお守りを1つ購入出来ます。
私達はこの白いお守り以外にも家族にとそれと木彫の
お犬さまが可愛くて夫婦で1つずつ購入し
三峯神社
そして、えんむすびの木へ
こちらには名前を書く紙がありそれぞれ名前を書いて
2つの紙をしっかりと結びお参りをすると良縁になる
ようです。私達もこれからも末永く・・・と願いを
込めてお願いしました。
三峰神社
お仮屋へ行くとたくさんのお犬さまがおりました。
三峰神社
何だかとても可愛らしかったです。そしてその裏に
回るととても気持ちの良い風が吹いていて空気が
澄んでいました。
三峰神社
そして、良い気を頂けると言われている拝殿のサイドに
あるご神木に触れてみる事に・・・
三峰神社
こんなに大きな木なのですね!私が小さく見えます。
色々な方が触れている所だけ色が変わっておりました。
樹齢800年だそうです、色々な人々の思いを聞いて
いる木のでしょうね。
大きな木が好きな私にはとても嬉しい巨木でした。 
そして包み込むような優しい感じの木(気)で
拝殿の両サイドにこの見事なご神木を並んでいて
皆さんも2つとも触れて行かれていました。
三峰神社
そして気がつくと拝殿の前にはもう人は並んでおらず
静まりかえっており、また神秘的な雰囲気でした。
三峰神社
拝殿の後ろには本殿がありそこに近づくと体が少し
しびれるような感じがあり
拝殿にはもう並んでいる人も居なくなっていたので
私達はもう一度お参りをしてから駐車場へ向かいました。
三峰神社
随身門から向かい側の階段を上がると遥拝殿があり
妙法ヶ岳山頂にある奥宮を見られます。
ここはとても気持ちのいい爽やかな風が優しく吹いて
いて素晴らしい山々眺めることが出来て心がすーっと
しました。
三峰神社
神社参道入口の三ツ鳥居には引換券の配布で寒い中
17時までおられるようです。少しお話しをすると
この日は朔日でも平日なので空いている方だそうです。
土日祝日はもの凄く混み合うそうです。
この日は4月1日なのでちょっと混み合うかなと思って
いましたが然程混み合うことがなくて良かったです。
参拝も16時近くになると並ぶ事無くすんなりと出来て
ご神木もゆっくりと触れることが出来ました。
三峰神社
帰りに秩父湖がエメラルドクリーンと美しく
車から降りて撮影しようとすると桟橋がある
ことに気がつきました。
三峰神社
行きで気がついてのですが・・・
縄文人の住居跡が山の崖にあるのです!
初めて見ました!凄いですね。
埼玉の秩父方面には来た事がありませんでしたが
三峯神社に向う途中に山が迫ってくるくらい
山々に囲まれており迫力がありました。
途中ちらほらと桜も見られたので丁度良い時期に
行けたのではと思いました。
そしてこの山々から秋の頃はきっと紅葉が綺麗
だろうな〜と思いました。なので今度は1泊くらい
してのんびりと紅葉を楽しみながら温泉入れたら
なんて贅沢な小旅行になるかな〜と思いました。
夜桜
都内に入ると道路脇の桜が満開となっており
夜桜も楽しみながら帰路に着きました。

幸せな時間

かのんノン

スポンサーサイト

富士山 2日目

Posted by かのんノン on   0  0

この日はのんびりと起きて朝食を摂ってから
何処へ出かけようか?と決めていると
この日は雲が多く前日のようには富士山が綺麗に
見えず、残念な感じでした。
この日に来ていたら前の日のようには綺麗に夜空も
見えなかったのかもしれませんでしたの判断は正しかった
のかもしれません。
富士山へ
では河口湖周辺の神社などを巡る1日にしました。
こちらは河口湖にある浅間神社です。
富士山へ
富士山大噴火を鎮める為に富士山の神を祀った神社なの
だそうです。そして見事な大木の七本杉があり
樹齢1200年に及ぶ巨木が1ヶ所に現存することは貴重な
所なのだそうです。
私は大木が好きなのですが大きな木の側にいると何故か
優しい感じが木から伝わり心が安らぐのです。
なのでこちらの神社の大木に多さに心が穏やかになり
ホッとする場所でした。
そして私のお気に入りの場所のランキング入りとなりました。
富士山へ
本殿に近づくにつれて空気が澄んでおり、巨木が周囲を
取り囲むようにあるので凄い雰囲気の神社でした。
富士山へ
こちらは夫婦の巨木です。
本殿の裏辺りにあり、まだ奥にはも続いているようでしたので
奥へ向うと富士登山を疑似体験が出来る所がありました。
富士山へ
河口浅間神社の裏から山宮社まで5合目・6合目・7合目と
富士山へ
表示が出来て9合目が見えて最後は山頂に着きます。
富士山へ
結構急な道を上がるので息切れしてしまいしんど
かったです。
富士山へ
途中 母の白滝と案内表示があり気になって
神社の方に伺うと車で10分くらいで登って行くと
着くとい事でしたので行ってみる事に・・・
富士山へ
あまり人もいないところでしたが、数人の人が滝に
向っている方を発見 その後をついって言ってみると
7〜10分くらいでしょうか、滝の音が聞こえた目の前に
滝が現われました。
富士山へ
この滝の脇には木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)の母君が
祭られておりました。そしてその脇には岩に登るような階段が
あり、上にもまだ上がれそうでしたのでちょっと険しい感じの所を
登ってみると三ツ峠の山頂に向かう登山ルートがありました。
この辺りも木々が多く滝もありました。
この母の白滝は慈愛に満ちた母なる心を感じる場所で新たな
あなた自身を生みだすエネルギーを与えてくれると言われて
いる所だと後から知りました。そうなんだ〜 何か新たに
私自身変われたかな 
そして滝が氷結する冬は更に幻想的になるそうです。
いくつか氷柱はありましたが、滝の凍結見てみたいですね。
富士山へ
あまり人がないのでシーンとしており、のんびりと撮影を
したすることが出来ました。
後から調べて知ったのですが、特に「河口浅間神社」と
「母の白滝」の二箇所は富士山のエネルギーを秘めた
パワースポットをして有名なのだそうです。
我が家はいつも唐突に決めて出かけるので下調べ無し
そして、弾丸旅になる事もあります。
今年こそはもう少し調べて前もって旅行計画をして
その日が来るのを楽しみながら準備がしたいものですね。

のんびりし過ぎてランチの時間もうとっくに過ぎており
急いで気になるお店へ向いました。
富士山へ
ランチの時間ギリギリセーフで入る事が出来ました。
富士山へ
こちらは主人がチョイスした前菜、自家製テリーヌ
これがとっても美味しいのです。
富士山へ
そしてこちらが私が選んだ前菜レンズ豆のサラダ
こちらも美味しい!
富士山へ
そしてメイン 私は豚肉の網焼き トマトと
ピクルスのソース お肉が柔らかくて酸味の効いた
ピクルスソースとの相性がよく本当に美味しかった。
富士山へ
主人は牛もも肉のステーキ マスタードソース
奥様の作ったパンもおいしくてどれも絶品でした。
富士山へ
コーヒーも美味しく
最後に追加でデザートを注文
富士山へ
パイナップルのクラフティーを頂きました。

夜星の観察を行く時に気になっていたお店
夜は残念ながら行く事は出来ませんでしたが、
夜のメニューも美味しそう

最後にシェフが来て色々とお話しをして頂き
ました。優しい雰囲気の方でした。
奥様の焼いた美味しいパンも隣で売っていたので
購入して帰りました。
また、河口湖を訪れた際には絶対行きたい店です。
木々に囲まれた静かな素敵なお店でした。

幸せな時間

かのんノン

その日に決めて富士山へ

Posted by かのんノン on   0  0

この日はいいお天気で主人が突然富士山へ行こうと
言うのでお昼を食べてから車に乗って富士山へ
Let`s go ! といつものパターンです。
主人はいつも突然言い出すので私はいつも大変!です。

富士山へ
この日は新月と言う事もあり、星の観察と写真撮影が
したいと言う事でした!!!
この日か翌日にしようかと主人は迷ってい思っていた
ようですが、私はこの日は天気も良く空も綺麗でしたの
のでこの日が良いのではと言うとホテルも急いで予約して
大急ぎで準備

この日はお天気も良く暖かな日でお出かけ日和
運良く都内も車が空いておりました。
そして2時間くらいすると富士山が目の前に見えて
きました。
富士山へ
やはり富士山は見事です。雄大で美しい。
ホテルの着いたのはもう夕方でホテルの方に
星が綺麗に見える良さそうな所を教えて頂き
そちらに向かいました。
富士山へ
そしてその穴場に着いてから、同じように大きな
装置を取り付けたカメラ?なのでしょうか?
星を撮りに来ている方がおりました。
その方からいろいろと情報を教えて頂き、主人は
何だか楽しそうに機材を準備して私達は園内へ
向かいました。
準備をし始めるともうあっという間に日が暮れて
夜空に浮かび上がる富士山も圧巻でした。
日も暮れてこの日は園内は人がおらず私達だけした。
少し高台になっている所でカメラの準備をしている
主人でしたが私は綺麗に見える星空えお眺めていました。
その写真はちょっと主人のカメラデーター紛失のため
お見せ出来ないのが残念なのですがとても綺麗でした。
日が暮れて1時間すると寒さと空腹感が襲い
私は温かなコーヒーとおにぎりを食べながら空の観察
こんなに静かに夜空だけの空間に贅沢な時間でした。
しかし、寒さには絶えきれず私は一人車の中へ
主人は3時間くらい外で撮影をしていました。
そして、冷え体を温めるためホテルへ帰り、温泉へ
しかし主人はこれからが撮影に適していると22時過ぎから
また撮影しに、出かけて行き帰って来たのは夜中の1時過ぎ
お疲れ様です。私は眠りについていました。

幸せな時間

かのんノン

このカテゴリーに該当する記事はありません。